• おせち料理の歴史と現在

    おせち料理というと、お重箱を思い浮かべる方も多いでしょうが、それでは一体どうしてお重に詰められているのでしょうか。
    その理由は、おめでたい事が「重なる」という願いを込めて「お重箱」が使われるようになった事、またお重に詰めることで沢山のお料理でも場所を取らないという事だと言われています。

    沢山のお料理を作る理由としては、一年を通して家族の食事の支度に追われてい女性たちも、お正月ぐらいは台所に立たないでゆっくりと休めるようにと、大晦日までに作ってしまうというものです。

    おせちの情報がわかりやすく紹介されています。

    そして、日持ちするようにと、濃いめの味付けになっているのも特徴です。

    かつてはそれぞれの家庭で手作りされていたおせち料理ですが、終戦後あたりからは、百貨店などでおせちが販売されるようになりました。



    今では有名な料亭をはじめとする飲食店などでも販売していますし、名の知れたホテルの料理長や、高級フランス料理店の有名シェフのおせちというようなものも売られるようになっており、時代の変化を感じさせます。



    おせち料理は家族が揃って、大勢で重箱をつつくというのが昔からのならわしでしたが、このところの少子化や核家族化などの影響により、家族の人数が少ないというケースも珍しくありません。
    そのような方々のために、2人用のお重や中にはおひとり様用といった商品まで出てきています。またスーパーなどでお手頃な価格のものも売られているため、様々な客層に向けてのサービスが提供されています。

  • おせちをもっと知る

    • 毎年正月に食べるおせち料理ですが、自分で料理して用意するとかなり大変なので、全てネット予約して用意する人も増えてます。全国の料亭やデパートやホテルで販売している人気のおせちを、予約注文できるサイトがあります。...

  • おせち入門

    • 日本ではお正月に「おせち」料理を家族全員で味わうという習慣があります。この習慣は江戸時代には確立されており、3段または2段の重箱一杯に詰まった食べ物は、その年も食事に困らないという縁起を担いでいるといわれます。...

  • おせちの大人の常識

    • おせち料理の「御節」とは元旦や五節句の節目のことを呼びます。作物の収穫を季節毎に神様に感謝して生活に節目をつけてる意味を持っていました。...

  • おせちの事柄

    • 様々な料理を重箱に詰めるおせち料理は、地域によって違いがありますが、基本的に20から30種類ほどがあるとされています。これらの料理は5種類に区分され、それぞれ祝い肴・口取り・焼き物・酢の物・煮物に分けられます。...